2007年03月28日

2007年3月28日 今が堪え時、正念場

-----------------------------------------------------

   【一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発】

http://since2005freedom.seesaa.net/
発行日 2007年3月28日 
発行者 司法書士 飯山陽平

------------------------------------------------------

時間短縮、能力開発、司法書士試験対策という究極の三位一体
学習法はこちらです。
http://since2005freedom.seesaa.net/article/11085077.html

------------------------------------------------------
このメルマガの目的
------------------------------------------------------
埼玉県所沢市で司法書士・行政書士飯山陽平事務所を
経営すると同時に、都内の大学で、司法書士試験の受験
指導をしている中で、一人でも多く、一日も早く若い実務家
司法書士を輩出する必要性を感じました。

いかに早く、いかに確実に合格し、一日も早く司法書士に
なるために、大学では教えられない、成功哲学と能力開発、
加速学習やタイムマネジメントなどの点から受験生に有益
と思われる情報を提供していきます。

バックナンバーはこちらです。
http://blog.mag2.com/m/log/0000182743

------------------------------------------------------

1.近況報告

前回の発行からかなり期間が空いてしまいましたことをお詫びします。

この約半年の間に、私の人生を大きく変える決断をしました。

前回のメルマガの内容で、司法過疎地の話をしました。
簡単に触れますと

(前回のものを転載)

司法過疎地域とは、地域に法律家が不足していることで、地域の住民が
法的なサービスを受けられない地域を言います。

司法過疎地域でも、市町村内に、法律家(司法書士・弁護士)が一人も
いないところ(0人)と1人しかいないところを01(ゼロワン)地域と言います。

0人の地域では、法律トラブルが起きても、市町村内に誰も法律家が
いないので、相談することができません。

(転載ここまで。)
詳しくは、バックナンバーをご覧下さい。
http://since2005freedom.seesaa.net/article/37033274.html


いろいろと思い悩んだ結果、司法過疎地に事務所を移転することにしました。
場所は、北海道の白老町という場所です。
登別市と苫小牧市の間の人口約2万人の小さな町です。

1月に引っ越し、今月になって、ようやく営業出来る状態になりました。
埼玉でやっていた時から比べると、かなり売上は落ちましたが、それでも
来て良かったな、と心から思っております。

大した営業はしていないのですが、役場や近所からの口コミで、仕事の依頼が
来ます。

来るお客様がみんな口をそろえて、
「この町に司法書士が来てくれて本当によかった」
と言って下さるのを聴くと、嬉しいと同時に、もっと頑張らなければ、と思います。



(後半につづく)

-----------------------------------------------------
少しでも楽に、効果的に司法書士試験対策をしたい方は、今すぐ
こちらをクリックして下さい。
http://since2005freedom.seesaa.net/article/11085077.html
-----------------------------------------------------

2. 今頃が堪え時、正念場

本試験(推定で7月1日)まで、あと95日です。
今この時期を、どう過ごしていますか?

そろそろ、直前期と言われる時期です。
細かい科目まで手を回すと、いっぱいいっぱいになってくるため、非常に
苦しい時期の到来と言えるでしょう。


私が受験生の時の話です。
肉体的にも精神的にもかなり追い込まれてた3月下旬の頃です。

予備校の講義時に、講師の話で非常に思い出深い話があるので
ここで触れておきます。

その先生がおっしゃったのは、
「今、非常に苦しい時期かもしれません。だから、今年はあきらめて、来年に
向けて頑張ろう、と思う人がいるかも知れません。けれど、今ここで今年の
試験をあきらめてしまったら、絶対に来年も同じ事をします。だから、今が
堪え時です。」

まさにその日、私は
「今年は無理かも知れないなぁ」
と思っていたので、見透かされたようで恥じ入ると同時に、その日からまた
猛勉強をはじめました。

結果的にその年(初受験)は合格できませんでしたが、この追い込みが、
翌年に大きく影響して合格することができました。

だから。
あの講師の方の代わりに、いまここで、私が申し上げます。

「今が一番苦しいときかもしれないけど、でも踏みとどまって、頑張って欲しい!」

と言っても、タダの精神論で終わっても仕方がないので、もう少し具体的に
落とし込んでいきます。

3.当然の逆算思考

私は、いくつかのSNS(ソーシャルネットワーキング)をやっています。

メインはmixiで、他には「行政書士SNS」というものをやっています。

そこで、受験生個人的にやりとりすることがあります。

また、受験教材を販売していますので、申込フォームや、やはりここでも質問が
あれば個人的にやりとりすることがあります。

いずれの場合も、必ず質問することがあります。

A.司法書士になった後なにをしますか?
B.それはいつまでにしますか?

主にこの2点です。
この2点と、それの細分化が明確になっていると、合格が非常に早くなります。

具体例として、私の場合です。
司法書士を受験しようと決意した時(20歳)に以下のように決めました。

A.司法書士になった後なにをしますか?
→独立開業します。

B.それはいつまでにしますか?
→27歳の誕生日までにします。

細分化例。
27歳に開業するまでに必要なものとして…。
まずは実務経験。私はこれを3年と決めました。
そして、開業資金。私はこれを200万(3年間で稼ぐ)と決めました。


開業準備に半年かかるとして、実務経験を3年積むには、逆算すると、

27歳−半年−3年=23歳半

つまり、23歳には合格していないと間に合わないことになります。

この点を明確にしておいたので、23歳で合格することが出来ました。

また、実務経験を積むにしても、勤める事務所はどこでもいいというわけには
いきません。

3年間で200万貯めなければならないので、一定以上の月給を支払って
もらえる事務所でなければならないわけです。

この点を明確にしておいたので、24歳で、なんとか年俸400万以上の
事務所に勤めることができました。


結果として、実際には2年で200万円貯めて、26歳の誕生日頃に
開業できました。


以上の具体例を元に考えると、「今年はつらいから来年を…」と逃げたく
なったときに、「来年では間に合わないから今年頑張らないと!」と思えれば
踏みとどまることが出来ます。



-----------------------------------------------------
今週はここまでです。
今回の内容から、なにを学びましたか?
学んだ事から何か行動に移せるものはありますか?
あったとしたら、それを実践するのは、いつですか?
-----------------------------------------------------


編集後記

発行間隔が非常に空いてしまいました。申しわけありません。
今後は、月刊ペースを目標に不定期で発行できればと思います。

また、時々、業務に関する内容をmixiで日記に書いています。
興味がある人は探してみて下さい。本名で登録しております。

なお、mixi、行政書士SNSの招待状が欲しい方は、メールの件名に
「招待状希望」と書いて、
YIU76709@nifty.com
まで送って下さい。

-----------------------------------------------------
メルマガに対するご意見、質問、感想などをお寄せ下さい。
頂いたメールをメルマガにて公開させて頂いた方には私が制作した
非売品の速聴訓練用CDをプレゼントいたします。

CDの内容は非公開ですが成功哲学を勉強している方に差し上げた
ところほとんどの方から絶賛されております。

こちらのフォームより、お願いいたします。
http://www2.formzu.jp/formgen.cgi?ID=d4420242

-----------------------------------------------------

   【一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発】

http://since2005freedom.seesaa.net/

発行者 
司法書士・行政書士飯山陽平事務所
代表 飯 山 陽 平
〒059−0905
北海道白老郡白老町大町一丁目2番8号武田ビル2階
(白老町役場徒歩30秒)
TEL:0144−82−3110
FAX:0144−82−3255
YIU76709@nifty.com

  【免責事項】

メールマガジンの内容には万全を期しておりますが、このメール
マガジンによって被った一切の責任は負いかねます。内容につ
いては、各自の責任において、ご活用下さい。

また、各自の責任において、このメールマガジンの転送は自由に
できます。あなたと同じように司法書士を志す友人・知人に転送
していただければ幸いです。

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000182743.html
------------------------------------------------------

◎一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発のバックナンバー
http://blog.mag2.com/m/log/0000182743/
posted by 飯山陽平 at 00:59| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。