2007年04月24日

リニューアルのお知らせ

本ブログは、下記にてリニューアルいたしました。
今後の更新は、下記サイトをご覧下さい。

【一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発】
http://www.assoonaspossible.jp/
posted by 飯山陽平 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

司法書士受験勉強の最終兵器〜速聴条文CDシリーズ〜

1.三種の神器

司法書士試験短期合格者の多くは、「条文・過去問・基本書だけで合格できる」と言っております。私自身は、2回の受験で合格し、やはり、その通りだと思います。

しかし、多くの不合格者は、わかっていても、実行できません。それには3つに理由が考えられます。

理由の一つに、「本当にそれだけでいいのか不安だ」という考えがあります。しかし、「それだけ」をきちんとやっている受験生がどれだけいるのでしょう。

2番目は、飽きる、ということです。私自身、2回目の受験勉強で、条文・過去問・基本書を繰り返して勉強するのにうんざりしました。5回ほど繰り返すともう飽きて苦痛になってきます。そんな時に、質の悪い答練や問題集に手を出すと、合格圏内からドロップアウトしていきます。

最後に、条文を読むのは苦痛だ、と思います。一部の条文は、カタカナで読みにくく、何を言っているのかがなかなかわかりにくいです。だからこそ、繰り返して読む必要があります。しかし、口で言うのは簡単ですが、実行は難しかったのではないでしょうか。

ここで、一つ例をだします。

不動産登記法(旧法)27条
判決又ハ相続ニ因ル登記ハ登記権利者ノミニテ之ヲ申請スルコトヲ得

ここでいう、「判決」とは何でしょうか?

これは、「登記手続をすべきことを命ずる確定判決」のことです。具体的に書くとすれば、「被告は別紙目録記載の不動産につき、登記手続をせよ」というような判決主文となります。

このことをきちんと理解していれば、平成13年の書式で、「登記に必要な書類を引き渡す」という文言では単独申請出来ないのは一目瞭然です。

では、なぜ、確定していなければならないのでしょうか?

それは、民事執行法173条に、「意思表示をすべきことを債務者に命ずる判決(中略)その確定又は成立の時に意思表示をしたものとみなす。」という規定になっているからです。

このように、条文をきちんと読む、というのは、緻密で面倒な作業です。しかし、これをやらなくては合格出来ません。

私は、大学で司法書士受験生相手に講義をしておりますが、やはり、条文の読み込みがまだまだだと感じると同時に、自分が受験生だった時の経験も合わせて、条文がいかに大切かということと同時に、いかに、条文を読んでもらうか、ということに苦心しております。

ただ六法を眺めていてもなかなか集中できないものです。そこで、速聴対応の条文CDを作りました。


2.速聴条文CDシリーズ


音声ソフトで、条文を読み上げてもらい、聴きながら読むことで、視覚と聴覚を使った学習方法のため、吸収率が断然違ってきます。

しかも、速聴対応(約3.5倍)ですので、いわゆる速聴の効果としての、集中力・記憶力・速読力などの向上が見込めます。

最大の効果は、全条文を短時間で読めます。
短時間なら、十分に集中力が持続しますし、普通に1回聴く時間で3回聴けます。


3.能力開発と時間の節約


すでに、本試験を経験している受験生なら、試験直前の、時間の重みというものを、身にしみて理解しているはずです。


時間という、二度と取り戻すことのできないものを、いかに有効に活用して、いかに早く合格するか、ということを考えると、非常に効果的な教材ではないでしょうか?

とくに、身分法や会社法などのような、暗記要素が強い科目こそ、この教材の真価を発揮します。直前期で、時間に追われる中で、身分法にはあまり時間を割きたくないときこそ、このCDを聴けば、時間短縮の上、効果の高い学習ができます。

司法書士試験は、実に過酷な試験です。午前2時間、午後3時間もの長時間に及びます。夏の暑い時期で、しかも緊張で前の晩はよく眠れる人は多くないと思います。その様なコンディションで、5時間もの間、フルに集中力が持続できるでしょうか?

特に2次試験は、3時間で択一35問と記述式2問を解かなくてはなりません。とにかく時間が足りません。
速聴で訓練すれば、集中力に関してはほぼ間違いなく向上します。そして、速読力も付けば、早く問題が読めて、時間短縮に繋がります。

いわゆる速読や、フォトリーディングの様な速読力は付きませんが、今の2倍早くなっただけで、その効果は、天と地ほどの差がでます。

私が受験生のころは、努力とか、根性を合い言葉に頑張って勉強しておりました。努力や根性を否定するつもりはありませんが、もう少し効率のいい勉強をして見ませんか?

能力開発をしながら試験勉強ができ、時間短縮もできる。一石三鳥です。


4.短期合格への支援


司法書士試験は、司法書士になるための、最低ラインです。いつまでも受験勉強ばかりしているよりは、さっさと合格して、実務家としての勉強をするほうがいいと思いませんか?

合格後も、たくさんの勉強が待っております。実際に、毎週のように、司法書士会から研修の案内が届きます。また、特別研修を受講し、認定試験を通らないと、司法書士であっても簡裁代理権は獲得できません。

ですので、合格は、一回でも早いほうがいいと思います。

トップページでも書きましたが、とにかく、早く合格して、早く司法書士登録して欲しい。これが私の願いです。

司法書士業界も、かなり老害が蔓延しております。ろくに登記手続を理解していない年寄りや、民事と刑事の区別すらつかない司法書士すらいます。

代謝を促進し、少しでも多く、若い方ややる気のある方に合格してほしい、そのために私にできることは何だろうか?と考えて、大学で司法書士講座を担当するとともに、このような教材を製作いたしました。

過去、受験生だった頃の経験、合格後の経験、大学講師として、受験指導の経験、そして、何百万円も能力開発に投資した結果、速聴条文シリーズが誕生しました。

これが、今の私の最高傑作です。 どうか、この教材を活用し、さっさと合格し、一日も早く司法書士登録して頂けるよう、心から願っております。


5.改正法情報


平成16年11月11日に、改正民法が成立しました。
そして、平成16年12月1日に、公布されました。

改正の内容は、全文の現代語訳、貸金等根保証契約の条文化、判例による解釈の条文化です。ただ現代語訳に改正している条文の他、個々の条文も改正がはいっているものもあります。

また、不動産登記については、平成17年3月7日施行の、全面改定後の条文です。


会社法が、来年5月にも施行されます。次回の本試験は、新「会社法」が適用されると思います。


6.商品及び価格

 1.憲法(約30分)              1,800円
 2.改正不動産登記法(約35分)      3,600円
 3.民事訴訟法(約76分)          3,600円   
 4.民法総則編(約30分)          2,700円
 5.民法物権編(約35分)          3,600円
 6.民法債権編(約42分)          3,600円
 7.民法身分法編(約54分)        5,400円
 8.司法書士法・民事保全法(約30分) 3,600円
 9.会社法(CD全8枚)        24,000円

 セット価格 民法財産法編(上記4〜6)    10,500円10,000円+送料
         民法全て(上記4〜7)       15,900円15,000円(送料無料)
         条文シリーズ全て(会社法以外) 28,500円24,000円(送料無料)


※条文名をクリックすると、CDインデックスが開きます(PDFファイル)。

CD1枚につき、80分収録できます。複数購入の方は、送料節約のため、1枚に複数科目収録致します。

送料は、CD1枚につき、80円。CD2枚及び3枚につき160円。購入価格が12,000円以上の場合は、こちらで送料を負担いたします。

支払いは、銀行振込のみとなります。原則として、入金確認後、4営業日以内の発送となります。振込先などは、申込後、自動返信による確認のメールに記載してあります。

なお、発送までは、原則としてこちらから連絡をとることはありません。なにか不明な点がありましたら遠慮無くお問い合わせ頂ければと思います。

速聴条文CDシリーズ申込は今すぐこちらをクリック!
速聴条文CD試聴コーナーはこちらからお願いします。


7.速聴の練習法


憲法以外はすべて3.5倍速です。

そこで速聴3.5倍速の活用法をここで紹介します。

原則としてはじめは、テキストを見ながら聞くことが前提となっています。はじめは何を言ってるのかは理解できなくても結構ですので音声の速さに合わせて条文を目で追うことができれば結構です。まずはこれを繰り返しトレーニングしてください。これができるようになると従来よりもかなり速読力が上がります。

3.5倍速でも特に気負うことなく目で追うことができるようになったなら、次は音声を意識して聴きとることに集中してください。目で追いながら何を言ってるのかを理解するように訓練します。これができるようになった時に集中力の向上が感じられます。

ここまでできたときに初めて音声だけを聞いて内容を理解するそういう訓練に入ります。

初めは机などに向かってきちんと練習する必要があるかもしれません。しかし音声だけを聞いて理解できるような状態になれば混雑した電車やバスの中などテキストを広げることができないところでもいつでも条文を耳にして覚えることができるようになるでしょう。

どれくらいやれば速長ができるようになるかというと個人差があると思いますがきちんとやれば1週間も経てば十分にできるようになると思います。

もしいきなり3.5倍速で不安な場合は、憲法のみ2.5倍速が収録されておりますので、まずそちらから始めてみるのも一つの手かもしれません。

テキストは市販の六法で構いません。音声だけ聞くのを結構ですが可能ならば、テキストを見ながら聞くほう推奨します。目で見るだけでも耳で聞くだけでもどちらもなかなか忘れやすいのですが、目で見ながら耳で聞くことでより脳に定着しやすくなります。

速聴条文CDに関して、質問がございましたら、こちらからお願いします。

速聴条文CDシリーズ申込は今すぐこちらをクリック!
速聴条文CD試聴コーナーはこちらからお願いします。


8.実際の条文CD活用者の声


これまで、300人以上もの方に販売してきましたが、非常に好評を頂いております。
ほんのごく一部ですが、参考までにご覧下さい。

「思ってたより聞き取りやすく、よい物でした。」
「最初聞いた時は「速っ!」と思ったのですが、3回位聞いたら聞き取れるようになり、耳にも残るようになりました。何度も聞き込みたいと思います。」
「聞き取れるか不安があったのですが期待以上の音質でした。」
「思っていたより音質が良くて驚きました。」
「とても素晴らしい物をありがとうございました。」
「非常に素晴らしい品物の提供をしていただき誠に感謝しております。」
「音質が良いのにはびっくりしました。」
「音質もよく、学習のSupportになるものと期待しております。」
「CD聞きました。音も鮮明で非常によかったです。別のCDも購入するときは、よろしくお願いいたします。」
「早速聞いています。他のCDもいずれ購入したいと考えていますのでそのときは宜しくお願いします。」
「今後、さらなる作品を期待しています。」
「この内容でこの価格は大変お買い得ですね。これで勉強をがんばりたいと思います。」
「今までにない速聴のCDで、感激しました。」
「思っていたよりよいものでした」
「こんなに素敵なCD、どうやって作るの?」
「これなら、何度でも聴けます」
「すばらしい教材有難うございます、最大限教材を活用し必ず合格の栄冠を勝ち取ります。」
「非常に先生のCDのできに感銘しています。」
「早速、使わせていただき、その内容に大変満足しております。効率的に勉強し早く合格できるよう頑張ります。」
「商品の内容にも大変満足しております。」
「こちらの事情を考慮してとても親切、丁寧に対応していただきありがとうございました。音質もとても良くてびっくりしました。」
「大変優れた商品を提供いただきありがとうございました。大切に使わせていただきます。」
「とても聞きやすいです。」
「良いお品を譲って頂き、有難うございました。」
「商品はかなり優れたもので、びっくりしました。感謝してます。」
「はっきり聞き取れ、しっかりした物でした。」
「期待以上の内容でした。ありがとうございました。」
「大変良い教材で満足しております。別商品も注文予定ですので、また宜しくお願いします。」
「素晴らしい、商品ありがとうがざいました。」
「商品にはとても満足しております。また民法などのCDを購入させていただくことがありましたらよろしくお願いします。」
「大変気に入りました。民法もお願いするつもりです。今後ともよろしくお願いします。」
「ぜひほかのシリーズも利用したいと思います。有難うございました。」
「とても良い教材です、商品の追加注文も予定していますので、よろしくお願いいたします。」
「僕の考えている理想的な教材にめぐり合えたと思っています。」
「去年の試験では条文の読み込みの甘さを痛感していた所でしたので最大限有効活用させていただきます。」
「商品の素晴らしさに感激しております、(脳内革命)といった感じですね。」

簡単ですが、過去にオークションホームページでの販売の際にいただいた感想をそのまま羅列いたしました。

最近は、約半数以上の方がリピーターとなって頂いております。これが商品の価値を証明していただいている、と思っております。

速聴条文CDシリーズ申込は今すぐこちらをクリック!
速聴条文CD試聴コーナーはこちらからお願いします。


9.価格について


高い、と思われる方はいらっしゃると思います。

トップページに書いた内容ですが、もう一度繰り返します。人生で、一番価値がある資源は、時間です。

この教材は、能力開発+時間短縮+効率よく暗記できる、という一石三鳥の教材です。この教材が、短期合格に貢献できる、と確信した上で、販売しております。

それでも、高いでしょうか?

この教材で、一年でも早く合格できたら、これほどの節約は無いのではないでしょうか。

一年間の教材費、学費、生活費、司法書士として活躍した場合の得べかりし利益、などなど。そして何よりも大切な時間。

一回落ちると、信じられないくらいの損失があります。この教材は、確実に一回でも早く合格できる、とは断言出来ませんが、それでも、今世に出回っている教材の中では群を抜いている、という自負があります。

価格については、自信があるので、本当はもっともっと高く売りたいとは思うものの、受験生の生活なども考え、そして、利益以上に、一人でも多く司法書士を増やしたい、そのために、より多く頒布したい。この二つの思いの中間点で、上記のような価格となりました。

この価格に納得して頂けた方は、こちらのフォームから今すぐクリック!
速聴条文CD試聴コーナーはこちらからお願いします。
posted by 飯山陽平 at 06:16 | TrackBack(3) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

販売再開のお知らせ

この度、事務所移転に伴い販売を一時停止していましたが、1月26日より、販売の再開を致します。ご迷惑をおかけ致しましたことをお詫び申しあげます。
posted by 飯山陽平 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

移転のお知らせ

現在事務所の移転作業中です。
教材の発送ですが、16日12時までに注文いただければ16日中に発送致しますが、それ以降の注文の場合、事務所の移転作業が終わる2月上旬以降の発送となります。
posted by 飯山陽平 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

速聴条文CDシリーズ誕生秘話〜友達のために〜

秘話、というほどのものではないのですが、この速聴条文CDがどのような理由によって制作されたのかについて紹介いたします。

この速聴条文CDを初めて制作したのは、平成14年の冬の時でした。

私は受験生時代、友達S、友人Yと3人で勉強しており、一番最初に司法書士を志した私が平成13年の試験で一番に合格し、翌年、友人Sも合格しました。

3人の仲間のうち、友人Y一人だけ残されたまま、平成15年の司法書士法改正を迎えることになりました。

そうです。司法書士試験に憲法が加わりました。

私は受験生時代にこのYの精神的な支えがあればこそ合格できました。

だから、ささやかな御礼と感謝を込めて、彼のために速聴憲法条文CDを作りました。

少しでも楽に効果的に新科目を勉強して欲しい、今度(平成15年)の試験に絶対合格して、一日も早く同じ実務家になって欲しい(この時点ですでに私は東京司法書士会に登録しておりました)。同じ実務家になることで、司法書士としての苦楽を分かち合えると思い、彼のためにこの速聴条文CDを制作しました。

これが、速聴条文CDシリーズ誕生の理由です。

結局、彼は15年の試験に合格できませんでした。

翌年、16年も合格出来ませんでした。

私は、16年の秋に独立開業しました。開業2ヶ月目で、事務所の経営が苦しいときに、「もしかしたらこれは売れるのでは?」と、ヤフーオークションに出品したのが、条文CDを販売したきっかけです。

友達のためにつくったものであり、販売を目的として作ったわけではないので、当時は出品するかどうかについて、かなり悩みました。


私が司法書士の下積み時代、事務所内の他の受験生のためにも、役に立てればと思って差し上げました。しかし、結局「なんかめんどくさい」「私にはムリ」などという理由で使われることはありませんでした。結局、この方は受験を断念してしまいました。

同じゼミの同期の友人Tが、私から2年後に司法書士を目指し始めたので、彼にも効果的な勉強の役に立てばと思い、当時改正された民法条文シリーズを作って、真っ先にTに渡しました。本当に喜んでもらうことができました。

…結局のところ、YもTも合格することは出来ませんでした。

しかし、この条文CDが世に出た理由、すなわち「少しでも楽に効果的に勉強して欲しい」「一日も早く同じ実務家になって欲しい」という私の思いは、彼らに対してであっても、このサイトを今ご覧いただいているあなたであっても、一緒です。


どんなに素晴らしい教材があっても、どんなに優れている学習方法があったとしても、「司法書士になる」という本気の思いがなければ、結局は、宝の持ち腐れです。
逆に、本気で司法書士になろうという思いを持っている人は、私の周りにはいなくても、インターネットを通じて、本当にこの条文CDを必要としているあなたのためにはお役に立てると思い、販売する決心をしました。

販売を始めてからは、購入した受験生からの喜びの感想を見ると、この教材を世に出さずに埋もれさせなくて、本当によかったと思っております。


速聴条文CDは、一日も早く、司法書士になるために努力している全ての受験生の味方です。平成18年の試験に合格されることを、心から願っております。
posted by 飯山陽平 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

速聴条文CDシリーズ〜FAQ〜

速聴条文CD FAQコーナー
問い合わせの多い内容を、FAQ形式にまとめてみました。


1.速聴及びCDそのものについての質問


Q01 速聴は、どれくらいで聞くことができるようになりますか?

A01 個人差はありますが、きちんと聞いていれば、一週間かからないと思います。私個人は、3日かかりませんでした。


Q02 普通のCDプレーヤーで再生することはできますか?

A02 商品は、音楽CDですので、再生することができます。


Q03 速聴CDを聴くのに速聴機は必要ですか?

A03 不要です。3.5倍速で条文を読み上げているものを、普通の音楽CDの中身となっております。


Q04 普通の速度で聴くことはできますか?

A04 できません。はじめから、3.5倍速のみの収録となっております。


Q05 音声は、あなたが読み上げているのですか?

A05 違います。音声読み上げソフトを利用しております。


Q06 ノイズなどは混じってますか?音質のレベルが気になります。

A06 パソコンの内部を通して録音しておりますので、一切のノイズはありません。


Q07 市販の条文CDを高速再生したものですか?

A07 違います。100%私のオリジナルです。


Q08 読み上げているテキストも同封されておりますか?

A08 いいえ、同封はしておりません。読み上げている物は、条文ですので、市販している六法を利用いただければと思います。


Q09 いきなり3.5倍速で聞き取れるものなのでしょうか?

A09 いきなりでは難しいと思います。サイト内の「7.速聴の練習法」をご覧の上、練習いただければと思います。どうしても3.5倍速の速さに不安なのであれば、憲法のみ2.5倍速に対応しておりますので、そちらをご利用いただければと思います。

Q10 読み上げているのは、男性ですか?女性ですか?

A10 パソコンの合成音声です。女声がベースになっております。一度試聴していただければと思います。


2.司法書士試験について


Q11 なぜ司法書士試験では条文が大切なのですか?

A11 過去問をきちんと解いていれば、条文の重要性は理解できると思います。条文ではなく、判例や先例なども出題はされますが、いずれも、条文の解釈の問題もしくは、条文を前提としたものですので、やはり条文の重要性は変わりません。また、推論問題も、条文を前提とした各制度の考え方をきちんと身につけていれば、解ける問題が多いと思います。


Q12 不動産登記法は、平成16年の改正後のものですか?
 
A12 はい。平成17年3月7日施行のものです。


Q13 民法は、改正により現代語訳になったものですか?

A13 はい。改正後のものです。


Q14 不動産登記法は、土地家屋調査士試験に対応しておりますか?

A14 司法書士試験対策用教材ですので、表示登記に関する規定は削除してあります。表示に関する規定の条文は、別売り(1,500円・送料込み)です。不動産登記法条文CDを購入して頂いた方にのみ、販売いたします。    

Q15 司法書士受験生ではないのですが、購入することはできますか?

A15 はい、できます。司法試験受験生、行政書士試験受験生などからも大変好評をいただいております。


Q16 個別に受験指導をしていただくことは可能ですか?

A16 単純に勉強内容等の質問は、きりがないので一切お断りしております。ただ、受験カウンセリングという形で、有料で相談にのることはしております。相談は面談のみです。料金は当事務所の法律相談に準じます(1時間5,250円)。


Q17 オススメのテキストを教えて下さい。

A17 別途紹介いたします。


Q18 値段が高いとおもいますが?

A18 私自身が受験生であったらなら欲しいと思う物を、提供しております。値段は、マーケティングを行った結果です。はっきりと言えますのは、値段以上の価値を提供している、という自負があります。実際に約半数以上の方からリピーターとして再度注文をいただいていります。これがなによりの証拠だと思っております。単純に、この教材で一年早く合格出来る、と考えた場合、1年分の学費、生活費、そして、一年早く司法書士として活躍した場合の売上等を考えていただければと思います。


3.注文、支払、発送について


Q19 代引きはできますか?

Q19 申し訳ございません。銀行振込のみとなっております。


Q20 注文から発送までどれくらい掛かりますか?

A20 原則として、振込を確認してから3営業日以内です。とはいえ、実際にこちらで毎日入金を確認にいっているわけではありません。こちらの都合で発送日を遅らせるわけにはいきませんので、入金予定日に振り込まれたという前提で発送しているケースが多いです。


Q21 振込先はどちらになりますか?

A21 申込フォームより注文をいただいた場合、自動返信の確認メールに記載されております。


Q22 申込フォーム以外からも注文できますか?

A22 可能です。電話もしくはFAXから申し込めます。電話の場合は、04-2998-5922までお願いします。FAXによる注文の場合は、
1.氏名
2.発送先住所及び郵便番号
3.申し込む条文CDの内容
4.振込金額及び振込先
を04-2998-5923お知らせ下さい。メールの場合も同じ内容を、知らせ下さい。


Q23 注文後、連絡が来ないのですが?

A23 原則として、注文後の連絡は自動返信メールのみとなります。発送後に発送した旨お知らせしております。


Q24 発送の連絡をいただいてから3日経ちますが、まだ届きません。

A24 すぐにお知らせ下さい。郵便事故の可能性があります。


実際に多かった質問をまとめてみました。以上の質問でも解決しない場合は、お気軽にお問い合せ下さい。
posted by 飯山陽平 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速聴条文CDシリーズ試聴コーナー

いままで、販売してきたお客様からの反応を見る限りでは、一週間程度で、ほぼ問題なく聞き取れるようです。

しかし、やはり購入前は不安だと思います。現に「試聴は出来ないのですか?」という問い合わせが多々ありました。

そこで、ようやく試聴コーナーをつくりました。


内容は、憲法前文2.5倍速と、3.5倍速です。MP3ファイルが開きます。






日本国憲法

  日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

※CDの中身を、一部公開しているわけではなく、新たに試聴用として制作した物です。
実際のCDの中身とは一部違うことがあります。あくまでも、参考までにお聴き下さい。

商品及び価格
 1.憲法(約30分)              1,800円
 2.改正不動産登記法(約35分)      3,600円
 3.民事訴訟法(約76分)          3,600円   
 4.民法総則編(約30分)          2,700円
 5.民法物権編(約35分)          3,600円
 6.民法債権編(約42分)          3,600円
 7.民法身分法編(約54分)        5,400円
 8.司法書士法・民事保全法(約30分) 3,600円
 9.会社法(CD全8枚)        24,000円

 セット価格 民法財産法編(上記4〜6)    10,500円10,000円+送料
         民法全て(上記4〜7)       15,900円15,000円(送料無料)
         条文シリーズ全て(会社法以外) 28,500円24,000円(送料無料)


※条文名をクリックすると、CDインデックスが開きます(PDFファイル)。

CD1枚につき、80分収録できます。複数購入の方は、送料節約のため、1枚に複数科目収録致します。

送料は、CD1枚につき、140円。CD2枚及び3枚につき240円。購入価格が12,000円以上の場合は、こちらで送料を負担いたします。

支払いは、銀行振込のみとなります。原則として、入金確認後、3営業日以内の発送となります。振込先などは、申込後、自動返信による確認のメールに記載してあります。

なお、発送までは、原則としてこちらから連絡をとることはありません。なにか不明な点がありましたら遠慮無くお問い合わせ頂ければと思います。

速聴条文CDシリーズ申込は今すぐこちらをクリック!
速聴条文CD試聴コーナーはこちらからお願いします。

posted by 飯山陽平 at 15:01| 速聴司法書士受験教材CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。